ミノキシジルは頭頂部の薄毛に有効

育毛剤の成分の1つであるミノキシジルは、髪の成長に欠かせないタンパク質の合成を促します。どんなに他の栄養素を沢山摂っても、タンパク質の合成がうま くいかなければ髪は成長することができません。だからミノキシジルは発毛に欠かせません。ミノキシジルはもともとは血管拡張剤として開発された成分です。 発毛効果が認められるようになったのは後になってからでした。ミノキシジルが使われている育毛剤で有名なのは、大正製薬のリアップシリーズなどです。

ミノキシジル副作用効果研究センター
ミノキシジルは生え際部分の薄毛よりも頭頂部の薄毛に効果があると言われています。半年くらいで効果が表れますが、多くの人が面倒になって途中でやめてしまうか、気まぐれで使ったり使わなかったりするのでミノキシジルは効果がないのでは?と誤解されるようです。
ミノキシジルはタンパク質の合成を促進してくれますが、タンパク質は脂肪と違って体の中に貯めこんでおくことはできません。ですのでミノキシジルは毎日適 量を継続的に使用する必要があります。気まぐれで使用を中止したりすると十分な発毛効果は期待できません。最初のうちは効果が実感できなくてすぐに別の方 法に走ってしまいたくなりがちですが、毎日正しい方法で継続した人の多くが頭頂部の発毛効果を実感できたとの報告がありますので、希望を捨てずに頑張りま しょう。

ミノキシジルの効果を早く出すには体質に最も合った含有量の製品を選ぶのが肝心!

ミノキシジルは国内でも最高級の効果が期待できる薄毛治療薬であり海外でも多くの人に認知されていて様々な製薬メーカーが販売しています確実にミノキシジルの効果を反映させたければ自身の体質と患部の状態に最も適合した含有量の商品を購入する事が大切です

例えば多くのAGA専門外来で処方されているミノキシジルの外用塗り薬は含有濃度が僅か1%だったり5%物もあるのでカウンセリングでよく医師と相談した上で決定するのが通常です

しかしミノキシジルの含有が1%外用薬であればAGAのハゲ度合が著しい人には効果が分かりにくいデメリットがあるので副作用の問題が起こらない程度であれば5%製品から試していくのが望ましいです

もし一定期間服用して身体に慣れて来たら少しずつ含有量のパーセンテージを上げていく事を医師と検討していくと着実に増毛へのステップアップが図れます

勿論ミノキシジルのタブレットを内服する時も同様で1日に2回に分けてマイペースに飲む場合は5mgの錠剤がベストですし1日1回だけ纏めて飲みたい時は10mgの錠剤を購入するのが賢明です

ミノキシジルは外用薬や内用薬にしても様々な国から輸入されており今は安価で購入可能なジェネリック製品としても出回ってるので個人で購入する時は一度医師に正しい選び方の指導を仰ぐようにしましょう

ミノキシジルの副作用について

今では一般的に有名な育毛促進剤リアップ発毛育毛効果が認められているミノキシジルという成分が入っています

その発毛育毛効果のあるミノキシジルですが頭皮から塗るタイプの外用薬よりもミノキシジルを内服薬として服用した方がさらに効果があると言われていますしかしそれだけ効果があるということは副作用のリスクがあるのも事実です

ミノキシジルの主な副作用は血管拡張作用による低血圧皮脂の発生なります低血圧頭痛や冷え動悸などを引きおこす原因になりますまた皮脂の発生頭皮のフケや顔のニキビなどの原因になります

これらはミノキシジルを使用する上で起こる可能性の高い副作用なのですまたミノキシジルの使用者からはこれ以外にも性的不能性欲減退などの生殖器系での報告があるので注意する必要があります

そのため医療機関では基本的にはミノキシジルの内服薬は副作用のリスクを伴うため安全性の高い塗り薬を用いるようになりました発毛育毛効果を期待してミノキシジルの塗り薬などを使用してみたい方は医師の管理のもとで正しく使用すれば副作用の心配もないので安心して効果的な治療を受けることが可能です

個人輸入で入手できる高濃度ミノキシジル

ミノキシジルは元々高血圧の患者に対する血圧降下剤として作られた薬品です。ですが服用したかたの副作用として多毛症の症状が相次いだことから、外 用薬の育毛剤としての開発が進んでいくことになりました。そして実際に効果があったことから、現在では高い育毛効果のある有効成分として知られるようにな り、ミノキシジルを利用した育毛剤が作られています。
ミノキシジルの主な効果は頭皮の血行促進です。発毛と育毛のための栄養を頭皮に行き渡らせやすくし、健康な髪の毛を育てる土壌を作ります。ただ、安全基準 の厳しい日本でのミノキシジルは濃度が薄く、副作用の発生リスクが小さい外用薬としてしか育毛剤が作られていません。さらに高い効果が期待できる内服薬と してのミノキシジルや、より高濃度の外用薬を手に入れるためには、海外の医薬品を個人輸入して入手する必要があります。ただしそれだけ副作用の発生率も高 まりますので使用は自己責任です。
血圧降下作用のあるミノキシジルはその使いかたを注意しなければなりません。もし高濃度のものを利用するのであればミノキシジルに対する知識を深め、少しずつ体を慣らしていき体に負担がかからないように気をつける必要があります。
ただ、高濃度ミノキシジルの育毛剤の利用で高い効果を得ているかたが存在していることも事実です。育毛剤は長期間の使用が基本ですので、ミノキシジルの自分に合った使いかたと適量を見つけていきましょう。